【ハサまれたらハサミ返し!】囲碁教室オンラインシリーズ⑤

こんにちは!月曜級位者教室担当の俵です。
今回は、小目へのカカリにハサまれた場合の対策についてご紹介します。
小目へのカカリが怖いなあ・・・と思ったことはありませんか。
私はいまだに怖いです(笑)

星と小目の違い

星のハサミ1
星のハサミ

星へのカカリであれば、白2とハサまれても、

星のハサミ2
三々に入れば簡明

黒3と三々に入り、黒11まで穏やかにワカれることができます。

小目のハサミ1
小目のハサミ

しかし、小目へのカカリに、白2とハサまれると

小目のハサミ2
三々は窮屈

黒3と三々に打っても、白4とハネられて少し窮屈です。
黒7まで黒が死ぬことはありませんが、狭苦しいですね。
それではどうしたらよいでしょうか。

ハサミにトビやケイマは難解

小目のハサミ3
黒3は自然だが・・・

ハサまれたら黒3とトブのも自然ですが、白4とアオられます。続いて、

小目のハサミ4
車の後押しで黒不満

黒5から7まで押したくなりますが、これは「車の後押し」という黒が不利な格好です。
どこまで押しても黒より白が先にノビており、白に大きく地を稼がれてしまいます。
そのため、黒5では、

小目のハサミ5
黒5やAは難解


このように黒5とカケたり、黒Aとハサむような手が打たれます。
しかし石が離れており、難しい変化になることが多く、疲れてしまいそうですね(笑)

小目のハサミ6
黒3もこの後が難しい

白のハサミには黒3のケイマも打たれることがあります。しかし、白2から6となったあとの黒の手が難しい・・・
黒Aにツケたり黒Bとハサんだりする手が浮かびますが、難解な戦いになりそうです。
また、白4では、

小目のハサミ7
出切りも怖い


このように、白4、6と出切られる可能性もあります。
トビやケイマの変化は怖いので、またの機会にしましょう(笑)

おススメのハサミ返し!

ハサミ返し1
黒3がオススメ!

そこでオススメは、黒3のハサミ返しです!次に黒Aの封鎖を狙っています。そのため・・・

ハサミ返し2
黒が分断されるが

白は4とツケて▲と■を分断するでしょう。黒が危なく見えるかもしれません。
その通りではあるのですが・・・

ハサミ返し3
隅を捨てて大場へ先行

黒は5とヒラくのが好手です。白6で▲は取られるのですが、黒は7と他の大場に先行して満足します。
白が左下を取っている間に、黒は左辺と左上の大場に先行することができたのです。
これで黒よしという訳ではないですが、バランスの取れた互角の布石となります。
至ってシンプルだと思いませんか!
なお、もし白が6を打たずに、

ハサミ返し4
黒が隅を大きく生きれる

このように白6から10まで大場に先行してくれば、黒11から19まで、黒が隅で大きく生きることができます。これは黒が大戦果を上げています!
なお、他のハサミでも同じ要領です。たとえば、

ハサミ返し5
どんなハサミでも同じ要領

白2やAとハサまれても黒3とハサミ返します。続いて、

ハサミ返し6
隅を捨てて大場へ先行

白は4、6と隅を取るぐらいですが、黒は5、7と大場に先行して満足します。
ハサまれても、戦わずに互角の勝負ができるのです!
小目にカカるのが苦手な方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ハサミ返しの動画

ハサミ返し後の応用編を動画にまとめてみました。
下記よりご覧いただければ幸いです。

まとめ

まとめますと、

①小目へのカカリは恐れなくてもよい!

②もしハサまれたら、ハサミ返しが簡明。戦いを回避し大場に先行できる。

また役に立つ形を定期的にご紹介していきます。
ありがとうございました!

自宅で学べるオンライン指導碁

吉祥寺囲碁クラブ秀哉の「オンライン指導碁」は、ご自宅でゆっくりと囲碁を習うことができるサービスです。

単発でのご受講も大歓迎のお手軽な指導碁ですので、あなたも是非お気軽にご活用ください!(初回割引)

囲碁クラブ秀哉精鋭のインストラクターたちが、あなたのご棋力や日程に合わせて担当いたします。(ご指名無料)


詳細をチェック!

SNSでもご購読できます。