【秀哉の囲碁入門①】碁盤と碁石ってどんなもの?碁石の持ち方も解説!

今回は、これから囲碁をはじめてみようというあなたに「碁盤」と「碁石」についてご紹介します。

・碁盤や碁石ってどんなものなのか?

・囲碁を打つときの碁石の持ち方

などについてお話ししていきますね。

すでに囲碁をやっている、という方にも面白い話だと思いますので、是非参考になさってください!

碁盤と碁石について

まずは、碁盤とはどんなものか?を解説していきます。

碁盤とは?

百聞は一見に如かずということで、下の画像をご覧ください。

足つき碁盤

これが碁盤です。足があるので「足つき碁盤」と言い、もっとも本格的な碁盤になります。

卓上碁盤

これも碁盤です。テーブルの上に置いて使える碁盤で「卓上碁盤」と言います。

このように碁盤は、木の板に縦横の線を入れたもので、足がある碁盤と無い碁盤があります。

そして、線の数をよく数えてみると、縦に19本、横に19本引いてあります。

これがプロ棋士の対局でも使われる「19路盤」というもので、「碁盤」といったら一般的に「19路盤」のことをいいます。

初めて囲碁を学ぶ方のための「9路盤」

本格的な19路盤に対して、初めて囲碁をやるかたのための練習用の碁盤もあります。

それが「9路盤」と呼ばれるもので、線の数が縦と横で9本ずつの小さな碁盤なのです。

9路盤と13路盤

こんな感じです。上に乗っているのが「9路盤」で、下にあるのが「13路盤」です。

9路盤⇒13路盤⇒19路盤

という流れで、少しずつ広い碁盤にしていき、囲碁がちゃんと打てるようになっていきます。

碁石とは?

上であげた「碁盤」に打っていく、白と黒の丸い石が「碁石」です。

碁石

こんな感じです。(豆知識:白は膨張色なので、白石が少し小さく作ってあります。)

碁笥

碁笥(ごけ)という碁石専用のケースに入っていて、

黒石181個、白石180個の合計381個でワンセットです。

碁盤が19×19=381だからですね。

この碁石を、人差し指と中指で挟んで、碁盤に打っていきます。

碁石の持ち方の解説動画を貼っておきますので、クリックして見てみて下さい。

今回は、「囲碁の道具と碁石の持ち方」について解説しましたが、いかがでしたか。

次回からは、ついに「囲碁の打ち方」について解説していきたいと思いますので、楽しみにしていてください。

最後まで読んで下さり、どうもありがとうございました。
また次回もよろしくお願いいたします!

※続けて次の記事も見たい方はこちら:
【秀哉の囲碁入門②】囲碁の打ち進め方~9路盤~

吉祥寺囲碁クラブ秀哉の「入門レッスン」開催中!

囲碁のルールから打ち方までをしっかりと学べる「囲碁入門レッスン」を開講しました。少人数制のアットホームな入門講座です。

1人で学ぶよりも、効率よく短期間で囲碁が打てるようになります。是非、詳細を見てみて下さい!


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます。